社会福祉法人 川崎愛児園

 

送別マラソン

卒業生送別マラソン大会がこどもの国で開催されました。天候に恵まれ、十分に力を発

揮4㎞,8㎞それぞれのコースを皆完走しました。

参加者以外の子どもたちも応援にかけつけ、一生懸命応援をしました。

走った子どもからは、応援の力ってすごいという声もありました。走った子どもも応援した子どもも、皆がんばりました。

節分

 2月3日節分の日に、節分行事で豆まきをしました。

職員が扮した鬼?を見て、幼児さんの中には泣き出す子もいましたが、「鬼は外、福は内」と今年一年の無病息災を祈って、元気良く豆まきを楽しみました。

あすなろ交歓会

神奈川県下の児童福祉施設に在籍している子どもたちが、日ごろ練習を重ねた歌、踊り、吹奏楽、劇などの交流発表会「あすなろ交歓会」が横浜市西区の県立青少年センターで開催さました。また、同時に「作品展」も開催され、絵画、書、手芸、工芸など子どもたちの作品が展示されました。愛児園の子の作品も金、銀、銅と大健闘。

「あすなろ交歓会」は、毎回県内の施設の半数ずつ交代で出演することになっており、今年は、川崎愛児園は出演の年でした。一生懸命に練習した劇を元気いっぱい、楽しんで発表できました。

卒業と進級を祝う会

今年、幼稚園、小学校、中学校、高校を卒業するこどもたち、また進級する子どもたちをお祝いしました。また、平成20年度で本園、ホームを卒園する子どもたち、また退所するこどもたちの式典も行われ、共に生活をしてきた仲間や職員から巣立っていく子どもたちへお別れのメッセージが伝えられ、「花束」が手渡されました。また、卒園する子どもたちから、お礼のことばが伝えられました。

送られる子どもたちも、送る子どもたちも、少し目を潤ませ、別れを惜しみました。

 愛児園という場所に集まった縁に感謝しながら、大人も子どもも「またこれからもがんばろう」と思えた会でした。

行事一覧へ